2012年09月12日

復習の効率を良くすれば成績は上がる

授業の復習を家に帰ってからする事は昔から推奨
されている方法ですが、これは全くもって理に適って
おり記憶の定着の点からも授業の復習は大切な事なのです。

そしてその復習の時間だって授業の内容がどれだけ
頭に入っているかで幾らでも短縮出来るのです。

だって、流石に受けた授業の時間だけ復習していたら
時間は幾らあっても足りません。
それに加えて自分が分からない場所や覚えていなかった
箇所などを重点的にもう一度勉強していたら・・。


このように「やっておかないといけない」が時間は
掛けられないモノこそ効率良く勉強したいですよね。

そこで活用出来るのが記憶術ですね。

勉強時間には確かに個人差がありますが、効率が
良くなる事は確かです。

何しろ復習自体はとても有意義な事なので
出来ればこういった『勉強の効率を引き上げる』方法は
活用して成績を上げて行きたいですよね。

毎日の復習がその内容の定着を促進して、定期テストやら
受験までしっかりと頭にその内容をキープして
くれるのです。

日頃の勉強がとても内容の濃いものに進化する
記憶術を試してみませんか?


成績不振者が短期間で成績を急上昇させてきた脅威の勉強法を纏めたレポートを無料で進呈してますので参考にしてみて下さい。



ラベル:勉強戦略
posted by sino at 20:48| Comment(0) | 勉強法 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。